日本頭頚部外科学会
学会紹介
学会紹介
 
 
日本頭頸部外科学会 理事長 甲能直幸の写真

日本頭頸部外科学会
理事長 北野博也
(社会医療法人誠光会
理事長代行)

 

 

理事長就任に当たり

 この度、新理事長に選出されました北野博也です。よろしくお願い致します。

 さて、耳鼻咽喉科では頭頸部の外科治療を診療の一つの柱としています。勤務医の方は日常診療業務の中心的な業務として手術を行っておられることと思います。日本耳鼻咽喉科学会の関連学会は多くありますが、手術を学会の中心的な課題としているのは本学会しかありません。その意味では、耳鼻咽喉科は外科の一部門であることをしっかり主張している学会でもあります。また、耳鼻咽喉科領域における唯一のサブスペシアリティーである頭頸部がん専門医制度を運営している学会でもあります。その意味で、本学会の責任は重大であり、同時に果たさなければならない課題も多くあります。これまで本学会では、専門医制度の維持発展のため多くの努力がなされてきました。しかし、頭頸部外科学会はがんの外科治療を中心とした学会ではありません。頭頸部がん専門医制度は本学会により運営されていますが、始めに述べましたように本学会は耳鼻咽喉科領域の外科治療全般について扱うものであり、専門医制度を有しているからといって、がんの外科治療に偏る学会運営がなされることは避けなければなりません。よって、頭頸部がん関連手術以外の手術にも意識的に焦点を当てる必要があります。そのことが、本学会の更なる発展と耳鼻咽喉科の魅力を増す原動力となり、若い医師の増加につながるものと確信しております。

 ところで、医師養成は医師不足の声に押され増加の一途をたどって参りました。一方、新医師臨床研修制度の影響で医師の大学離れが進んで参りました。しかし、内科や外科と異なり、疾患が多岐にわたり、症例数の少ない耳鼻咽喉科領域で、多くの症例を経験するためには、少人数で行っている比較的小さな病院での研修だけでなく、大学病院や市中にある大病院で多数の医師から学ぶ必要もあるかと思います。現在、大きな病院で研修する機会に恵まれていない若い医師にとって、本学会が各領域のエキスパートとの素晴らしい出会いの場となることを願っております。また、本学会を通じて、会員相互が切磋琢磨する場となりますよう努力する所存です。

 最後になりましたが、学会は関係者のたゆまぬ努力なしには発展しません。会員諸氏のご尽力を心よりお願いし新任の挨拶とさせて頂きます。

 
 
 
 
 
 
 
 
日本頭頸部外科学会
事務局 〒135-0033 東京都江東区深川2-4-11 一ツ橋印刷(株)学会事務センター
  TEL: 03-5620-1953  FAX: 03-5620-1960
E-mail: hns-service@onebridge.co.jp
Copyright© 2015 The Japan Society for Head and Neck Surgery. All rights Reserved.
 
ごあいさつ 学会紹介入会案内 総会案内 学会誌委員会 リンク ホーム 専門医制度