日本頭頚部外科学会
学会紹介
学会誌
 
頭頸部がん専門医制度とは | 指導医・暫定指導医について | 指定研修施設 | 準認定施設 | 頭頸部がん専門医申請資格条件
Q & A | 頭頸部がん専門医認定試験の申請受付 | 頭頸部がん専門医試験要項 | 専門医更新制度について
専門医名簿
| 暫定指導医名簿 | 認定施設一覧 | 会員名簿

頭頸部がん専門医申請資格条件

受験者は、暫定指導医の資格または以下の定める資格および経験が必要です。

詳しくは頭頸部がん専門医制度規則PDFのアイコンおよび頭頸部がん専門医制度施行細則PDFのアイコンをご覧ください。

I.免許・専門医等

  1. 日本国の医師免許を有すること。
  2. 日本耳鼻咽喉科学会認定耳鼻咽喉科専門医であること。
  3. 申請時において、引き続き3年以上本学会正会員であること。
  4. 耳鼻咽喉科専門医取得後3年以上の、耳鼻咽喉科・頭頸部外科領域の臨床経験があること。
  5. 認定施設(指定研修施設および準認定施設)において通算5年以上、頭頸部がんの臨床経験を有すること。このうち2年以上は指定研修施設において研修を受けていることが必要です。指定研修施設は複数に及んでも構いません。

II.臨床経験

  1. 指導医の下に、頭頸部がん(唾液腺・甲状腺がんを含む)100例以上の入院治療(手術、放射線治療、化学療法などを含む)を担当していること。
  2. 指導医の下に、研修カリキュラムPDFのアイコンに定められたB・C項目の手術を、術者として50件以上経験していること。
    例えば、舌癌T2N2cM0に対する手術(舌半切・両側頸部郭清・右大胸筋皮弁による再建)において、もし全ての術式を術者として行ったとすると、それぞれの術式を独立として1件とみなし、可動部舌半切×1、頸部郭清術×2、有茎皮弁の作成×1、有茎皮弁による再建×1の、合計5件とカウントしてください。
    (ただしDP皮弁の場合は作成と再建を全て術者として行った場合のみ合計1件としてカウントしてください。)
  3. 指導医の下に、頸部郭清術を助手として20側以上、術者として20側以上経験していること。
    ただし、移行措置を利用して申請する者は、助手としての経験が20側に満たない場合でも、術者として行った症例を合わせて40側以上であれば同様に扱う。

研修カリキュラム抜粋

5.手術 個別目標 H.以下の手術を指導医の下で術者として行える。

A項目(研修1年目の目標)
舌部分切除術、顎下腺摘出術、耳下腺浅葉切除術、甲状腺葉切除術
B項目(研修2年目の目標)
喉頭全摘出術、下咽頭・喉頭全摘出術、耳下腺全摘出術、甲状腺全摘出術、上顎部分切除術、頸部郭清術、副咽頭間隙腫瘍切除術、有茎皮弁作成術
C項目(研修3年目の目標)
口腔進行癌切除術、中咽頭進行癌切除術、喉頭部分切除術、上顎全摘術、下顎区域切除術、有茎皮弁による頭頸部再建術

III.学術活動

  1. 過去5年間に、頭頸部がんの臨床に関する研究発表(筆頭演者)2件および論文1件(筆頭著者)の業績を有すること。
    認定基準は以下の通りとする
    1. 研究発表
      頭頸部がんの臨床に関連した研究発表
      対象学会:
      日本頭頸部外科学会、日本頭頸部癌学会、日本癌治療学会、
      日本耳鼻咽喉科学会学術講演会、日本気管食道科学会、日本癌学会、
      日本臨床腫瘍学会、耳鼻咽喉科臨床学会、日本耳科学会、日本鼻科学会、
      日本口腔・咽頭科学会、日本喉頭科学会、日本小児耳鼻咽喉科学会、
      日本甲状腺外科学会、日本嚥下医学会、日本頭蓋底外科学会
      International Conference on Head and Neck Cancer
      International Federation of Oto-Rhino-Laryngological Society (IFOS)
      International Federation of Head and Neck Oncologic Societies (IFHNOS)
      Asian Society of Head and Neck Oncology (ASHNO)
      American Head and Neck Society (AHNS)
      American Academy of Otolaryngology-Head and Neck Surgery (AAO-HNS)
      American Association for Cancer Research (AACR)
      American Society of Clinical Oncology (ASCO)
    2. 論文発表
      頭頸部がんの臨床に関連した論文
      対象雑誌: 査読のある学会誌・大学雑誌・英文誌
      および次の商業誌:耳鼻咽喉・頭頸部外科、JOHNS、ENTONI
      *その他の雑誌・書籍については申請後に資格審査委員会で審査する
  2. 過去5年間に次の学術集会・講習会に5回以上参加していること。うち2回は本学会学術講演会に参加していること。
    • (1)日本頭頸部外科学会学術講演会
    • (2)日本耳鼻咽喉科学会学術講演会または日本耳鼻咽喉科学会専門医講習会
    • (3)日本頭頸部癌学会学術講演会
      • 注:参加実績の確認は、
      • (1)日本耳鼻咽喉科学会専門医制度による学会参加記録のコピー
      • (2)学会参加証のコピー
      • (3)演題抄録のコピー(筆頭演者に限る)  で行います。
  3. 過去5年間に本会が定めた医療安全・医療倫理セミナー(2時間)を1回以上受講していること。
    • @ 日本頭頸部外科学会学術講演会・総会にて実施(ただし平成26 年1 月で終了)
        受講修了証のコピーを提出
    • A Cancer e-learning の医療倫理、医療安全(on site で受講:注)
        履修確認書類を提出
    • B 日本専門医機構に認められた専門医共通講習における医療倫理、医療安全
        受講証明書のコピーを提出
       
    • 注:手順
      1. Cancer E-learning(http://www.cael.jp/)にアクセス
      2. 利用者登録
      3. コンテンツ“生命倫理と法的規則”の内以下の2講義を履修
         
        医療倫理セミナーに相当する講座
        :“医療倫理に関わる規約・法律・指針/職業人としての規範”
         
        医療安全セミナーに相当する講座
        :“医療事故をめぐる法と倫理”

      4. 履行終了後、http://www.cael.jpの「お問い合わせ」にて登録時のIDとEメールアドレスを記載し履修一覧希望と送信し、履修一覧をもらってください。
      5. 上記書類を受講証明の代わりとします。(今後発行手数料(1万円)が必要となる予定ですので、ご注意ください。)
  4. 過去5年間に本会が定めた教育セミナーを2回以上受講していること。
    • (1)日本頭頸部外科学会主催教育セミナー(4〜6時間)
        必須(5年間に1回以上受講すること):(受講修了証のコ ピーを提出)
         注:申請時に日本頭頸部外科学会主催教育セミナーが未受講であっても、
           専門医認定試験前日のセミナーの申し込みがあれば、
           申込書のコピーを送付することで申請可能です。
           ただし受講後には、受講修了書のコピーをお送りいただきます。
    • (2)関連学会等主催の教育セミナー
      • 1)頭頸部癌学会主催教育セミナー:(受講修了証のコピーを提出)
      • 2)日本癌治療学会教育セミナー:(受講証明書のコピーを提出)
      • 3)日本がん治療認定医機構教育セミナー:(受講票のコピーを提出)

お問い合わせ

お問い合わせは原則として、事務局までメールでお願いいたします。
E-mail: hns-service@onebridge.co.jp

 
 
日本頭頸部外科学会
事務局 〒135-0033 東京都江東区深川2-4-11 一ツ橋印刷(株)学会事務センター
  TEL: 03-5620-1953  FAX: 03-5620-1960
E-mail: hns-service@onebridge.co.jp
 
ごあいさつ 学会紹介 入会案内 総会案内 学会誌 委員会 リンク ホーム 専門医制度