日本頭頚部外科学会
学会紹介
学会誌
 
頭頸部がん専門医制度とは | 指導医・暫定指導医について | 指定研修施設 | 準認定施設 | 頭頸部がん専門医申請資格条件
Q & A | 頭頸部がん専門医認定試験の申請受付 | 頭頸部がん専門医試験要項 | 専門医更新制度について
専門医名簿
| 暫定指導医名簿 | 認定施設一覧 | 会員名簿

専門医更新制度について

専門医の認定を受けた者は、5年ごとに認定の更新が必要です。更新申請者は次の各号に定められた資格、臨床研修実績、業績および研修実績を有していなければなりません。

  1. 申請時において日本耳鼻咽喉科学会認定耳鼻咽喉科専門医であること。
  2. 申請時において引き続き本会会員であること。
  3. 過去5年間に次の学術集会・講習会等に5回以上参加していること。うち2回は本学会学術講演会に参加していること。
    • (1)日本頭頸部外科学会学術講演会
    • (2)日本耳鼻咽喉科学会学術講演会または日本耳鼻咽喉科学会専門医講習会
    • (3)日本頭頸部癌学会学術講演会
  4. 過去5年間に本会が定めた医療安全・医療倫理セミナー(2時間)を1回以上受講していること。    
    • @ 日本頭頸部外科学会学術講演会・総会にて実施(ただし平成26年1月で終了)
        受講修了証のコピーを提出
    • A Cancer e-learning の医療倫理、医療安全(on site で受講:注)
        履修確認書類を提出
    • B 日本専門医機構に認められた専門医共通講習における医療倫理、医療安全
        受講証明書のコピーを提出
    • 注:手順
      1. Cancer E-learning(http://www.cael.jp/)にアクセス
      2. 利用者登録
      3. コンテンツ“生命倫理と法的規則”の内以下の2講義を履修
         
        医療倫理セミナーに相当する講座
        :“医療倫理に関わる規約・法律・指針/職業人としての規範”
         
        医療安全セミナーに相当する講座
        :“医療事故をめぐる法と倫理”

      4. 履行終了後、http://www.cael.jpの「お問い合わせ」にて登録時のIDとEメールアドレスを記載し履修一覧希望と送信し、履修一覧をもらってください。
      5. 上記書類を受講証明の代わりとします。(今後発行手数料(1万円)が必要となる予定ですので、ご注意ください。)
  5. 過去5年間に本会が定めた教育セミナーを2回以上受講していること。
    • (1)日本頭頸部外科学会主催教育セミナー(4〜6時間)
         必須(5年間に1回以上受講すること):(受講修了証のコピーを提出)
    • (2)関連学会等主催の教育セミナー
      • 1)頭頸部癌学会主催教育セミナー:(受講修了証のコピーを提出)
      • 2)日本癌治療学会教育セミナー:(受講証明書のコピーを提出)
      • 3)日本がん治療認定医機構教育セミナー:(受講票のコピーを提出)
  6. 過去5年間に頭頸部がんの診療実績(監督、指導、セカンドオピニオン対応等を含む)および手術実績を有すること。
    • (1)診療実績 過去5年間に頭頸部がん(唾液腺・甲状腺癌を含む)100 例以上の診療実績
        (監督、指導、セカンドオピニオン対応等を含む)を有すること。
    • (2)手術実績 過去5年間に研修カリキュラムに定められたB・C項目の手術(下記参考)に50件以上携わっていること。
       ただし、1回の手術において、複数の術式を行った場合には、それぞれの   術式を独立して一件とみなしてよい。(例:喉頭全摘出術と両側頸部郭清術の全てを行った場合は、計3件と算定)
        (両者とも専門医更新申請書の診療実績・症例一覧表(1)(2)、手術実績・症例一覧表、ならびに手術記録提出リストに記入し提出)

(参考 研修カリキュラムより抜粋)

B項目手術
 喉頭全摘出術、下咽頭・喉頭全摘出術、耳下腺全摘出術、甲状腺全摘出術、上顎部分切除術、頸部郭清術、副咽頭間隙腫瘍切除術、有茎皮弁作成術
C項目手術
 口腔進行癌切除術、中咽頭進行癌切除術、喉頭部分切除術、上顎全摘術、下顎区域切除術、有茎皮弁による頭頸部再建術

平成24(2012)年に第3回認定試験に合格した先生方は、平成29(2017)年に専門医更新が必要になります。 申請受付は平成29(2017)年6月1日から7月30日です。申請する方は手数料10,000円を納付し、必要書類を揃えて、 日本頭頸部外科学会事務局までご郵送ください。

  1. 提出書類
    • 1)専門医更新申請書
    • 2)日本耳鼻咽喉科学会認定耳鼻咽喉科専門医認定証(写)
      (更新年の場合のみ専門医証カード(写)でも可)
      注:日耳鼻専門医の認定更新に際し、新しい認定証がまだ届いていない場合、専門医IDカードのコピーで可とします。
    • 3)過去5年間に参加した学術集会・講習会の参加記録
      注:参加実績の確認は、(1)日本耳鼻咽喉科学会専門医制度による学会参加記録のコピー(2)学会参加証のコピー(3)演題抄録のコピー(筆頭演者に限る) のいずれかで行います。
    • 4)日本頭頸部外科学会主催医療安全・医療倫理セミナー受講票のコピー、"Cancer e-learning"の医療倫理・医療安全セミナーの履修確認書類、あるいは日本専門医機構に認められた専門医共通講習における医療倫理・医療安全受講証明書のコピーのいずれか
    • 5)過去5年間に受講した本会が定めた教育セミナーの受講修了証のコピー
      注:申請時に日本頭頸部外科学会主催教育セミナーが未受講であっても、2017年9月のセミナーの申し込みがあれば、申込書のコピーを送付することで申請可能です。ただし受講後には、受講修了書のコピーをお送りいただきます。
    • 6)術者もしくは指導医として行った代表的な(B・C項目)手術10例の手術記録の写しを1部
      ただし、手術記録は技量の評価に使用するため、提出においては以下の事項に注意して下さい。
      • @患者の施設内ID番号の下4桁以外と氏名欄は黒塗りすること。
      • A手術年月日・病名・術式・執刀医もしくは指導医〈申請者本人〉・助手・手術時間・出血量が記載されていること。
      • B申請者自らが記載した手術記録、もしくは指導内容を確認し署名した手術記録であること。
      • C同様の術式に対してはなるべく3例までとすること。
      • D対象疾患は頭頸部の様々な部位をなるべく網羅すること。
  2. 提出された申請書類に基づき、資格認定委員会において更新資格が審査されます。
  3. 合格した方は認定料30,000円をご納付ください.確認次第、認定証をお送りします。

手数料・認定料納付先

    郵便振替口座
    • 口座番号:00100-2-377666
    • 口座名称:特定非営利活動法人日本頭頸部外科学会
  • 他金融機関からの振込用口座番号
    • 店名:〇一九(ゼロイチキュウ)店 ※漢数字で入力してください
    • 店番号:019
    • 口座種類:当座
    • 口座番号:0377666

    ※お振込の際は、通信欄に必ずご氏名とお振込内容(「頭頸部がん専門医更新手数料」など)をお書きください。

更新延期について

病気・留学・妊娠・出産・育児・介護などの理由で臨床業務に従事できない期間がある方については、更新申請期間中にその理由と当該期間を証明できる書類を提出し、委員会の承認がなされた場合には更新期限を猶予します。猶予期間は最長2年間とし、猶予期間を除く5年間の業績をもって更新申請することができます。なお、更新の猶予期間中は本学会の頭頸部がん専門医一覧から削除されません。

失効について

更新申請時に定められた資格、臨床研修実績、業績または研修実績の基準を満たせない場合には、専門医資格は失効となり、本学会の頭頸部がん専門医一覧から削除されます。その後、(産休・育休等の)休職期間を除く直近5年間で基準を満たして更新手続きを行い、委員会の承認がなされた場合には復活が可能です。なお、復活の際には専門医試験の受験は免除されます。

 

 
 
日本頭頸部外科学会
事務局 〒135-0033 東京都江東区深川2-4-11 一ツ橋印刷(株)学会事務センター
  TEL: 03-5620-1953  FAX: 03-5620-1960
E-mail: hns-service@onebridge.co.jp
 
ごあいさつ 学会紹介 入会案内 総会案内 学会誌 委員会 リンク ホーム 専門医制度